ミエル ド アンジュは紫外線をカットし美白効果!4つのお悩み解決

ブライトニング効果にアルブチン!豆乳発酵液の効果とは?

ミエル ド アンジュに配合されているアルブチンという成分。

 

美白効果で知られる成分です。

 

 

コケモモなどの植物由来の成分で大手化粧品会社の特許成分でした。
現在はフリーになっています。
それほど価値のある美白成分なのです。

 

 

アルブチンのブライトニング効果のメカニズムはシミの元になるメラニン合成にかかわるチロシナーゼという酵素に作用しメラニンの合成を阻害することです。

 

 

美白成分といえば一時有名になったハイドロキノンがありますが非常に強力な美白効果がありました。

 

ハイドロキノンは強力すぎるので敬遠されましたがアルブチンの構造にはこのハイドロキノンと同じ構造部分があり、その構造が優れた美白効果を示すのです。
アルブチンはこの優れた美白効果を持つ構造に糖を配置したものです。
糖は食用になるほど安全な物質なためアルブチンも安全な性質をもつ優れた美白効果を持つ構造になっています。

 

 

アルブチンは厚生労働省において美白効果をもつ成分としての認定も受けている成分です。

 

認定を受けるためにはさまざまな検査を行い、その安全性も確認されなくては受けることができません!

 

 

ミエル ド アンジュにもこのアルブチンが配合されています。
紫外線を浴びたあとのスキンケアにミエル ド アンジュでパックすることでその効果が期待できるのです。

 

 

 

ミエル ド アンジュには化粧品成分として高い評価を受けている成分がいろいろ配合されていますが豆乳発酵液もその一つです。

 

豆乳発酵液、何だか地味な名称ですよね。
豆乳ということは大豆由来なんでしょうか。

 

 

大豆由来の化粧品成分というとイソフラボンが含まれることで良く知られています。
イソフラボンは女性ホルモン様作用があることでも有名。

 

 

豆乳発酵液は、大豆由来の豆乳をまさに乳酸菌で発酵させた成分。
発酵食品がその原料の効果を高めることからもわかるように豆乳発酵液は発酵することによりなかなかのすぐれものに。

 

 

保湿効果はもちろんですが豆乳発酵液には何とメラニン生成抑制の作用もあるのです。

 

 

豆乳発酵液のメラニン生成抑制効果はアルブチンとは少し異なりメラニン生成細胞のメラノーマを攻撃することでメラニンの生成を抑制します。
効果としては美白成分として名高いアルブチンにも劣らないものなんですね。

 

 

また肌の酵素アルギナーゼの活性をアップする効果もあり肌への保湿持続効果や肌荒れ防止効果を発揮します。
さらには肌にも存在するヒアルロン酸という保湿成分の産生促進作用もあるため豆乳発酵液の保湿効果に加えヒアルロン酸の保湿効果も同時にアップするのです。

 

 

ブライトニング効果や保湿効果、保湿相乗効果など豆乳発酵液には美肌への期待が高まりますね。

 

関連ページ

配合成分であるスクワランとは?効果と特徴!
ミエルドアンジュに配合されているスクワランの効果と肌に与える効果をお伝えします!スクワランの特徴的な効果についてまとめました。
ミエル ド アンジュの新成分(プロテオグリカン)が潤いをしっかりキープ!
ミエルドアンジュに新しく配合された成分がプロテオグリカンです。潤いをしっかりとキープするからお肌がいつまでもスベスベです。
グリセリンの効果とBGの効果!美肌に一役
ミエルドアンジュの贅沢成分にはたくさんの美肌に効くと言われる養分が配合されています。グリセリンやブチレングリコール(BG)がお肌に効く理由!
ジメチコンの効果とペンチレングリコールの整肌作用とは?
保湿効果に優れたミエルドアンジュの成分として使われているジメチコンの効果について。整肌作用とはどのような効果なのでしょうか?
メドウフォーム油の役割と水添ナタネ油アルコールの効果!
ミエルドアンジュの効果の影にはとても高価な成分がたっぷりと使われているところにあるのです。高価なのに人気があるのは肌への良い影響が大きいと言う事です!